ローリングストック(災害用備蓄について)

普段遣いの食品を備蓄しましょう

いまラジオで「ローリングストック」の話題が流れてきました。現在、普及活動中なのだとか。

ローリングストック、という言葉は知らなかったけど、うちの近隣ではわりとメジャーな概念だと思っていました。

というのも、普段使っている食料品店では、備蓄を勧める案内ポスターが貼られていたからです。

ローリングストックって?

要は、保存食ではなく、普段遣い出来る飲料水や食品をストックして、短期間で消費・入れ替えをしましょう、というもの。

こちらのサイトで詳しく解説されています↓

トクする防災 ローリングストック法について

内閣府防災情報のページ できることから始めよう!防災対策

我が家では、水やパスタ、袋めん、缶詰、ようかんなどを備蓄しています。

いずれも長期保存可能な特殊なものではなく、日頃使っているものばかり。

それでも、ペットボトルの水は二年、普通のようかんでも賞味期限がかるく1年ぐらいはあるのです。

 

これらをわざわざ長期保存可能なもので揃えようとすると、かなり高くついてしまう。

どこかの倉庫に置きっぱなしにするのでもなければ、普段使えるもので、比較的保存のきくものを使いながら入れ替えた方が、はるかに経済的ですよね。それこそお水なんて2Lが1本数十円だったり。

お水を買うよ、という方へ

赤ちゃんや猫のいるご家庭では、健康被害を防ぐため、軟水または純水をご利用ください。我が家には猫がいるので純水を用意しています。

 

クリスタルガイザーは、有名ミネラルウォーターの中でも貴重な軟水です。
国産ミネラルウォーターは比較的軟水が多いですが、海外産は要注意。硬水が多いです。

赤ちゃん用には、加熱殺菌したお水を選んで下さい。ミネラルウォーターは、汲んだままという商品もままあります。

赤ちゃん用の純水というのも最近は売られています。こちらはより安心ですね。

 我が国でも液体ミルクが生産されることを願っています。

投稿者プロフィール

東雲飛鶴
東雲飛鶴ブログ管理人
イラストレーター兼独立系作家。
セルパブレーベル「グリフォンBOOKS」主宰。
好きなもの  猫とニケとヒトデと寿司。
配偶者と猫と古い一軒家に暮らしています。
日本イラストレーター協会 会員番号160729

グリフォンBOOKSは、電子書籍、PODなど、様々な媒体での作品発表を目的としたセルフパブリッシングレーベルです。イラストレーター兼独立系作家の東雲飛鶴が運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA